サービス・製品紹介

HOME > サービス・製品紹介 > 調査・分析・対策 > 臭気対策(工場) > 臭気対策コンサルテーション

臭気対策(工場)

ニオイがどこまで飛んでいるのか、どこまで臭気を減らせば苦情が無くなるのか。そこを把握することから始めてみませんか?

カルモアの臭気対策コンサルテーションはニオイを完全に視覚化する手法によって、お客様の工場から排出されるほぼ全てのニオイの状況を掌握します。事業所からどのレベルでニオイが飛散しているのか、そのニオイをどう抑えるか、どこまで脱臭すればいいのか。臭気対策コンサルテーションは遠回りの手法のように見えますが、悪臭苦情をお持ちのお客様にとって、最短最安の解決方法となる場合が多いです。

  • 現状のニオイの拡散状況を把握

    現状のニオイの拡散状況を把握

  • 対策後の拡散状況を予想

    対策後の拡散状況を予想

カルモアの臭気対策コンサルテーションとは

多くのお客様はニオイの問題を解決するとき、本質を調べないままに対策を始めてしまいます。これはニオイが目に見えないから起きやすい現象ですが、多くのお客様はそこで失敗してしまいがちです。その後お困りになったお客様が私たちに相談していただく中で、私たちが事前に何かお手伝いができていれば・・・との想いで本サービスを開発いたしました。
カルモアの臭気対策コンサルテーションはお客様の臭気問題を調査から対策まできっちりと確実に導くお手伝いをさせていただきます。

ニオイの視覚化サービス

臭気対策コンサルテーションは、お医者さんの診断と一緒です。人間も体調を壊したとき、体のどこが悪いのか、原因は何か、何の病気かがわからなければ、正しい治療はできません。
ニオイの問題も同じで、まずしっかりとニオイの状況を把握することから始めると悪臭苦情解決に向けた道筋がはっきりと見えてきます。平成18年に始まった本サービスも現在では数多くのお客様に利用していただきましたが、よくある話でお客様が考えている苦情発生源が実は苦情の原因ではなくて他のところにあったというケースが本当に多いです。お客様はその業種のプロフェッショナルですが、ニオイに関しては素人です。プロに任せて良かった。心からそう言っていただける本サービスをぜひご利用ください。

事業所内の臭気調査
  • どこから臭気が発生しているのか?
  • どんな臭気がどのくらいの強さで発生しているのか?

臭気判定士が事業所内を廻り、事業所内にある臭気発生箇所を調査いたします。
各発生箇所について、臭気の発生状況を調査・記録し、特性を把握します。

  • 全ての発生源を確認させていただきます。

    全ての発生源を確認させていただきます。

  • 臭気測定を行い、状況と特性を把握

    臭気測定を行い、状況と特性を把握

  • 報告書では全ての発生源が番号で管理されます。

    報告書では全ての発生源が
    番号で管理されます。

事業所周辺の調査
  • 発生した臭気は、事業所周辺でどこまで広がっているのか?
  • 実際に悪臭苦情となっているのは、どの発生源なのか?

地図を見ながら敷地外を廻り、貴社から発生した臭気がどこまで拡散しているのかを調査します。
経験豊富な臭気判定士が、感じられた臭気を嗅ぎ分け、どの施設から発生した臭気が周辺まで漂っているのかを把握します。
これはシミュレーションだけでは決して完結できないニオイの飛散状況を足でしっかりと押さえることでより確信へと高めていく作業です。
また、本サービスの専門要員は数多くの産業工場に出入りしているため、対象事業所から発生する臭気と、他の工場から発生する臭気をしっかりと嗅ぎ分けます。

  • 臭気判定士が周辺を廻り、実際に漂う臭気を確認していきます。

    臭気判定士が周辺を廻り、
    実際に漂う臭気を確認していきます。

  • 周辺調査から臭気拡散状況をプロットし、拡散状況を視覚化します。

    周辺調査から臭気拡散状況をプロットし、
    拡散状況を視覚化します。

OERの算出&拡散シミュレーション
  • どの発生源が、遠くまで飛散しているのか?
  • 事業所全体でどのような周辺インパクトがあるのか?
  • どの発生源をどこまで脱臭すれば、悪臭苦情は解決するのか?

事業所から発生する臭気を、臭気濃度×排ガス流量で算出される【OER(臭気排出強度)】として数値化、事業所の外へ影響が強いと思われる臭気排出源を推定。大気拡散シミュレーションを用いて視覚化します。
一方で、実際に周辺調査で確認した臭気の状況と合わせて検討し、臭気発生箇所の中で、対策の必要性が高いものを検討します。

  • 臭気発生箇所ごとの臭気濃度や基礎データをまとめたOER算出表。

    臭気発生箇所ごとの臭気濃度や
    基礎データをまとめたOER算出表。

悪臭支配率の算出
  • 対策する臭気にはどんな成分が含まれているのか?
  • ある特定の臭気物質を除去するだけで悪臭苦情が解消する可能性はあるのか?

必要がある場合は、排出される臭気に含まれる悪臭22物質や、それ以外の臭気成分を測定します。それぞれの悪臭支配率より、苦情となる臭気物質の特定を致します。
臭気成分は嗅覚閾値(※)がそれぞれ違うため、成分濃度が高い成分が、必ずしも人間の嗅覚に強く訴えるとは限りません。支配的な臭気成分を明らかにすることで適切な対策が検討できます。

  • グラフ化で支配率が目に見えます。

    グラフ化で支配率が目に見えます。

  • GC/MS分析の採取風景。

    GC/MS分析の採取風景。

対策案の検討

  • どうやって対策するのが一番良いのか?
  • コストパフォーマンスの良い対策案は何か?
  • 対策後の臭気の飛散状況はどのようになるのか?

調査結果より、お客様の目的・状況に合わせた対策案をご提案いたします。

防臭による対策
発生源・発生方法・脱臭装置の運用方法の変更など、設備運用方法の変更などで、なるべく費用を掛けずにニオイの低減が可能か検討してご提案いたします。
脱臭装置による対策
上記対策を実施しても悪臭苦情の解消が見込めない場合、確実に苦情を解消する技術、脱臭装置の検討を行います。また、予算に応じて段階的な導入など、お客様の実情に合わせてフレキシブルに脱臭技術を検討します。
脱臭効果の予想
上記対策案の脱臭効果を予想し、視覚化します。
  • 対策前の臭気拡散状況。

    対策前の臭気拡散状況。

  • 費用は安いが脱臭効率が70%の装置を導入した場合の臭気拡散状況。

    費用は安いが脱臭効率が70%の装置を
    導入した場合の臭気拡散状況。

  • 費用は高いが脱臭効率が90%の装置を導入した場合の臭気拡散状況。

    費用は高いが脱臭効率が90%の装置を
    導入した場合の臭気拡散状況。

実例を探す

こんなお客様に、臭気対策コンサルテーションをお奨めします。
  • ※ 脱臭対策をしているが、苦情がおさまらない!
  • ※ アンモニア対策をしたが、あまり変わっていない気がする!
  • ※ 排気口が多すぎて、どこから手をつけたら良いかわからない!
  • ※ どの脱臭装置を入れれば良いのか、検討がつかない!
  • ※ 臭気対策をするための予算計画を立てたい!
  • ※ 他社製脱臭装置を入れて失敗した。

フィールドテストも可能です。

ご提案した脱臭対策案について導入検討する場合に、テスト装置をお客様の所へ運び、実際の臭気でデモテストを行うことも可能です。(※別途費用)これにより、装置導入前に、設計条件や脱臭効果の確認ができます。

  • 消臭剤スプレー脱臭装置のデモテストの様子

    消臭剤スプレー脱臭装置のデモテストの様子

  • ETO脱臭装置デモテストの様子

    ETO脱臭装置デモテストの様子

  • 消臭剤スクラバー脱臭装置デモテストの様子

    消臭剤スクラバー脱臭装置
    デモテストの様子

ページトップへ