MENUCLOSE

消臭剤から脱臭装置までの臭気対策やカビの調査・防カビ対策は株式会社カルモアにお任せください。

におい用語辞典

GLOSSARY

触媒式脱臭法(触媒燃焼法)

排ガス中に含有される臭気の可燃性成分を触媒によって燃焼させる方式で、化学的には通常の燃焼と同じ酸化反応であり、可燃物質が炭化水素の場合は完全燃焼によって炭酸ガスと水になる。
直接燃焼法と同じ原理ではあるが、触媒燃焼法は可燃物質の種類によって処理温度に差があるものの、一般的に200~400℃の低温でよいため大幅な省エネルギーを図ることができる。

 

また、火焔を伴わずに酸化反応が進む接触酸化であることから、火焔燃焼によって生成される窒素酸化物がないなどの特徴がある。しかしながら、排ガス中に有機シリコーン、有機リン化合物などの触媒独が含有される場合は、早期に触媒活性が低下するので事前の調査を行うことと、前処理剤を適用するなどの対策が必要となる。

 

カルモアのETO脱臭装置についてご紹介しております

PAGETOP