MENUCLOSE

消臭剤から脱臭装置までの臭気対策やカビの調査・防カビ対策は株式会社カルモアにお任せください。

製品・サービス紹介

PRODUCTS&SERVICES

ホルムアルデヒド対策用排気装置

 

医療現場における
ホルムアルデヒド第一管理区分
(目安0.03ppm以下)を保証します。

特定化学物質障害予防規則等の改正(平成20年3月1日施行・適用)に伴い、病院や大学施設等の医療現場においても新たなホルマリン対策が必要となりました。

カルモアではその室内管理濃度基準・局所排気装置に係るホルムアルデヒド濃度第一管理区分(目安0.03ppm以下)到達を保証するシステムをご提案しています。

 

  • 局所排気装置付き解剖実習台

    局所排気装置付き解剖実習台

  • 局所排気装置一式

    局所排気装置一式

  • 酸素クラスターシルフィード

    酸素クラスターシルフィード

 

■■第一管理区分とは■■

作業環境測定では、測定結果により三つの管理区分に分けられますが、
管理濃度をクリアしただけでは第一管理区分になりません。
ホルムアルデヒドの場合、目安として全て測定点で0.03ppmを下回れば第一管理区分となります。

製品の特徴

1ホルムアルデヒド濃度第一管理区分(目安0.03ppm以下)到達を保証

ホルムアルデヒド拡散防止局所吸引システムによる【局所排気】と、室内に充満した【酸素クラスターイオンによる分解】により、ホルムアルデヒドの室内濃度を【第一管理区分(目安0.03ppm以下)】に致します。

 

2ホルムアルデヒドの捕集に効率的なプルシステムを採用

ホルムアルデヒドを効率的に捕集するプルシステムを採用。1台あたりの吸引風量が非常に少ないため、既設空調設備が利用でき、空調設備の更新はほとんど必要ありません。また、吸引風量の少ない省エネ設計で、空調コストの大幅な削減が可能です。

3捕集しきれないホルムアルデヒドは酸素クラスターイオンで分解

どうしても捕集しきれず室内に放出されてしまうホルムアルデヒドは、酸素クラスターイオンで分解脱臭致します。このプルシステムと分解脱臭の組み合わせにより、室内全体での第一管理区分到達の保証を可能にしています。

4キシレン、クロロホルム等の有機溶接剤臭除去にも有効

ホルムアルデヒドだけでなく、有機溶剤中毒予防規則により規制されているキシレンやクロロホルム等の有機溶剤臭除去にも有効です。

5完全オーダーメイドでクライアント様のニーズに対応

解剖実習室、病理検査室、切り出し室、検体処置室等、今回の法改正に該当する施設はたくさんあり、各施設での状況も異なるため、必要な対策は様々です。カルモアではお客様の状況に応じたエンジニアリングで、その施設にあった改善策をご提案いたします。

 

6外部排気工事が難しい場合は循環式装置で対応可能

捕集したホルムアルデヒドの外部排気が難しい場合でも、ホルムアルデヒド専用脱臭材である「ゼオガイアAL」を内臓した循環式装置にて、ホルムアルデヒドを除去することが可能です。そのため、一次工事なしで設置することができ、コストを大幅に削減できます。

 

7特許取得済み

  • 特許第5397586号:解剖室の換気装置

カルモアのホルムアルデヒド対策システムのしくみ

例1:病院・病理検査室向けホルムアルデヒド対策システム

【局所排気装置付き切り出し台】にて、作業中に発生するホルムアルデヒドを吸引。局所排気装置付きの切り出し台や流し台、保管棚、固定槽等はオーダーメイドで作成いたします。

作業中に拡散したホルマリンは、【酸素クラスター除菌脱臭装置】により生成された酸素クラスターイオンによって分解されます。

排気に【ゼオガイアAL】を設置すれば、吸引されたホルムアルデヒドが吸着されるため、吸引された空気は室内へ戻すことも、室外へ排気することも可能となります。

 

病理検査室向けカルモアハイブリッドシステムフロー

 

局所排気装置と酸素クラスター除菌脱臭装置の組み合わせで、ホルムアルデヒド第一管理区分(目安0.03ppm以下)到達を保証します。

例2:大学解剖実習室向けシステム

【局所排気吸引装置付解剖実習台】にて、解剖中に発生するホルムアルデヒドを吸引。

室内に拡散したホルムアルデヒドは、【酸素クラスター除菌脱臭装置】により生成された酸素クラスターイオンによって分解されます。

【ゼオガイアAL】を設置すれば、吸引されたホルムアルデヒドが吸着・除去されるため、吸引された空気は室内へ戻すことも、室外へ排気することも可能です。

 

解剖実習室向けカルモアハイブリッドシステムフロー

病理検査室向けカルモアハイブリッドシステムフロー2

 

局所排気装置と酸素クラスター除菌脱臭装置の組み合わせで、ホルムアルデヒド第一管理区分(目安0.03ppm以下)到達を保証します。

参考

【ホルムアルデヒドの有害性】

ホルムアルデヒドは、国際がん研究機関によって、ヒトに対して発がん性があると発表されている化学物質です。近年は化学物質過敏症の原因物質の一つともされており、アトピー性皮膚炎にホルムアルデヒドが係わっていると報告されています。

 

局所排気装置の紹介

お客様の施設内部にどのようなご提案をできるか、プロット図を用いてわかりやすくご提案致します。

 

【某病院殿 病理検査室 ホルムアルデヒド第一管理区分 保証案】

  • ①対面型プル式切出しテーブル

  • ②分注固定用排気装置

  • ③E型エアーカーテン流し台

  • ④⑦プル式切出しテーブル

  • ⑤、⑥、⑧、⑫プル式保管棚

  • ⑩、⑬キシレン対策排気フード

  • ⑨、⑪プル式作業台

  • 酸素クラスター除菌脱臭装置

関連サイト

製品・サービスに関するお問い合わせ

製品・サービス紹介

PAGETOP