MENUCLOSE

臭気判定士の激闘

臭気判定士が送る消臭と脱臭対策について。
キレイな空気を目指して、悪臭との闘いの日々から得た情報をお届けします。

改修工事によるシックハウスには気をつけましょう。

2016年某日に改修工事をした部屋で異臭発生。その施設を使用している人が体調を崩すなど、大きな問題となり、カルモアへ調査の依頼が入った。

 

ビルにおいて、テナントや事業者が変わると、改修工事を行う事はよくある事かと思います。

 

今回、とあるビルで、旧テナントが退去した後、改修工事が2016年の夏に行われました。

その後、新しいテナントが入居しましたが、そのテナントの方が体調を崩す現象が起きてしまいました。

しかし、建築側は改修工事後に、シックハウス測定を行っており、指定された物質は全て指針値以下である事も確認していた為、原因が分からない状態でした。

 

弊社に依頼が入り、調査を行ったところ、臭気の質は塗装臭でした。

 

測定風景

 

においセンサーでの測定

 

その他、色々調査しましたが、特に問題が無かった為、塗装臭に含まれる揮発性有機化合物が原因と特定しました。

しかし、シックハウス測定では問題なかったのに、このような結論に至ったのか?

 

現在、シックハウスは13物質が指定されていますが、その内、ホルムアルデヒドやクロルピリホスなどは、現在では殆ど使用されていません。

それ以外の物質も現在の建築材料では、相当改善されており、塗装や建築材料の臭気はしても、測定結果としては指針値以下になる事が多くなっております。

 

しかし、実際建築材料から放散する化学物質は沢山あり、13物質以外の物質が影響を及ぼす事も多く、厚労省としても、T-VOCとして、暫定目標値を設定しております。

 

今回は、お客様の方でT-VOCをやっていなかった為、その測定を追加でご提案する形となりました。

 

時代の変化と共に、建築材料や工法は色々変わります。

このような法律としての測定も時代の変遷に伴い、適宜、改正をしないとこのような事が発生しますので、新築、改修工事での測定には留意して貰えればと思います。

 

カルモアでもシックハウス測定からアドバイス、対策まで行っておりますので、

少しでも困っているようであれば、是非、お問い合わせください。

 

キーワード:オゾン シックハウス 塗料臭 塗装臭 臭気調査 臭気判定士 においセンサー

 
-------------------------—-
株式会社カルモア
東京都中央区新川2-9-5
03-5540-5851
https://www.karumoa.co.jp/
-------------------------—-

空気環境のことで
悩んでいませんか?

カルモアでは、誰もがどこでも安心・快適な空気を吸えるよう、調査から対策まで、
問題解決のお手伝いをしております。些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

CATEGORY

RANKING

カルモアホームページバナー

株式会社カルモア コーポレートサイトはこちらから

カルモアの商品はオンラインショップでもご購入いただけます

PAGETOP