MENUCLOSE

臭気判定士の激闘

臭気判定士が送る消臭と脱臭対策について。
キレイな空気を目指して、悪臭との闘いの日々から得た情報をお届けします。

同じ釜を使う事によるニオイ移りどうしていますか?

私達が普段生活している中で同じ鍋や釜を使って料理をしても

さほど気にならないと思いますが、

食品を製造する工場や化粧品を製造している工場にとっては

無関係ではありません。

 

様々なニオイ、味を持つ製品をたくさん製造する工場では、

それぞれの製品毎に生産設備を有するのは困難で、

大抵の場合タイプの違う設備が複数ある程度です。

 

あるクリームを釜で保温しながら攪拌後別工程に移送するプロセスにおいて

当然移送後に釜にニオイが残ります。

このまま何もせずに別の製品を入れてしまうと、恐らく大変な事になりますので

基本的には熱湯や洗剤で釜を洗浄後、別の製品を投入するでしょう。

 

今回訪問した工場様では、釜の洗浄後のニオイを現場の複数人の鼻で評価し、

残臭を確認していましたが、人間の鼻は慣れるものです。

特に製造現場に近い人達にとって、もはや製造現場に漂う臭気でさえ、

感じないという人が多いのも事実です。

 

実際私が訪問した際、エアクリーン後の製造現場に立ち入った際、

既に様々な製品のニオイが漂っていましたが、

製造現場の方はわからないと答えました。

当然釜の残臭については更にニオイが薄いので、評価はとても困難です。

 

そこで、弊社ニオイセンサー「POLFA」を使い、

実際に洗浄前後の臭気の差を比較しました。

 

洗浄前後ではっきりと違いが出ることで、

残臭のボーダーラインを設けて数字で管理、運用する事が可能になります。

 

臭気計は様々なにおいを数値化する事ができ、とても感度が良いです。

当日現場では釜の残臭以外にも工場内を持って歩く事で、

様々なにおいの強弱があることがわかりました。

中には現場の方も気付いていないにおいの発生源もありました。

 

ニオイセンサーPOLFAで正確かつ簡単なにおいの管理を始めてみませんか。

是非一度ご相談下さい。

 

ニオイセンサーについてお問合せ

■産業設備チーム 直通 : 03-5540-5851

メールでのニオイセンサーについてのお問合せはこちら

 

-------------------------—-

株式会社カルモア

東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

https://www.karumoa.co.jp/

-------------------------—-

空気環境のことで
悩んでいませんか?

カルモアでは、誰もがどこでも安心・快適な空気を吸えるよう、調査から対策まで、
問題解決のお手伝いをしております。些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

CATEGORY

RANKING

カルモアホームページバナー

株式会社カルモア コーポレートサイトはこちらから

カルモアの商品はオンラインショップでもご購入いただけます

PAGETOP