MENUCLOSE

臭気判定士の激闘

臭気判定士が見た脱臭・消臭・臭気対策、防カビ除菌対策の現場をレポート。
どんなニオイにも立ち向かう。見えない空気を相手にあくなき挑戦を続けます。

コロナウイルスとは|生物特性と抗ウイルス対策

表紙_除菌のための2ステップ

 

 

世界的な問題となっている新型コロナ。

ワクチンが無い為に、感染リスクをどう抑えるか、各国で深刻度に違いはあれど、

基本的には人と人の接触を限りなく抑えることが最も有効な方法である事は間違いありません。

 

しかし、世界中に蔓延してしまった、コロナですが、そもそもコロナとは?

と考えたことはありますでしょうか?それを知らずに対策は取れません

 

 

厚労省において、コロナとは、以下のように述べています。

 


 

「新型コロナウイルス」はコロナウイルスのひとつです。

コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や

2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。

 

ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種

(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。

自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。

 

ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず

表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。

ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。

 


 

 

簡単に言うと、単体では長期間生きられず、細胞に付着する事で繁殖するウイルスとなります。

だからこそ、人と人とが接触をしないことで、飛沫した粒子に付着しているコロナが影響を与えないようになり、感染を防止する事が出来る為、このような自粛対策が取られているわけです。

 

しかし、外に放出されたコロナは約72時間程度感染力を持った状態で常在する為、

それを不活化(不活性化)する事も感染防止のポイントなります。

 

 

それではどのように不活化するか?

巷ではアルコール系除菌剤で直接除菌が最も簡易的に出来る方法ですが、

これはあくまで自身に付着したコロナウイルスに対する方法となります。

すでにその建物内の各所に付着したコロナを如何に除菌するか、ここがポイントとなります。

 

昨今、話題となったダイヤモンドプリンセス等では、

除菌剤の噴霧による除染作業など行われておりましたが、これだけで本当に良いのでしょうか?

カルモアは、長い間、カビなどの調査、分析、対策をしてきた経験値があります。

その経験から、除菌剤だけでは完ぺきではないと考えています。

 

 

それは何故か?

みなさん、コロナウイルスの大きさは知っていますか?

細菌学ではコロナウイルスの大きさは「0.1μm」と言われています。

この小ささ、ここ数年話題になった事のある「PM2.5」は「2.5μm」と比べると分かるように

非常に小さいのです。

 

当然、小さければ僅かな気流でも飛散し、拡散されます。

唾液などの粒子に付着している状態では、地面に落下するので、拡散距離は数mと言われますが、

大事なのは、「飛沫の液体が蒸発すると、コロナウイルス単体が残り、僅かな気流で飛翔する

つまりカビや埃が舞うのと同じ現象が起きる」という事です。

 

建物には様々な気流が存在しており、飛翔したコロナウイルスは、

時に壁裏や什器の裏側等にも入り込む可能性があります。

そして気流により再飛翔する事も考えられます。

 

 

その事から、カルモアでは表面除染だけでは完全ではないと判断し、

「オゾン」+「除菌剤」の2段施工で対応する事で効果的な除染を提案する事が可能です。

 

 

  畳も除菌可能  

     畳も除菌可能          オゾン発生器設置の様子

 

 

オゾンによるコロナウイルスの不活化は一昔前に流行したSARS等で実証されており、

今回のコロナ型ウイルスにおいても有効な手段として使用されております。

 

オゾンガスという気体を用いて、除菌剤が届かない箇所へも除染し、

その後、除菌剤を用いることで、表面除染を行うことが本当の除染作業と考えております。

 

 

カルモアでは、オゾンと薬剤の両方を保有しており、作業だけではなく販売も行っております。

詳細は以下のページをご参照ください。

 

 

<各製品ページ>

 

  ◆ オゾン発生器          ◆ 除菌剤

  オゾン発生器_Goerlitz-zero       消臭剤 プロパストップE

 

 

これらを用いることで、人が滞在した空間のリセットが可能であり、

建物内の感染リスクを防止する事が可能です。

 

 

<まとめ>

 

コロナウイルスの除菌には、

『オゾン』+『除菌剤』の2ステップ、ハイブリッド方式が効果的!

 

 

ワクチン開発までまだ1年かかると言われている今回のコロナウイルス、

このような対策で感染リスクを抑えることも重要ですので、是非お問い合わせ下さい。

空気環境のことで
悩んでいませんか?

カルモアでは、誰もがどこでも安心・快適な空気を吸えるよう、調査から対策まで、
問題解決のお手伝いをしております。些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

CATEGORY

RANKING

カルモアホームページバナー

株式会社カルモア コーポレートサイトはこちらから

カルモアの商品はオンラインショップでもご購入いただけます

PAGETOP