MENUCLOSE

臭気判定士の激闘

臭気判定士が見た脱臭・消臭・臭気対策・臭気の調査分析・防カビ除菌対策などの現場を具体的事例と共にレポート。

消臭剤どっちが良いの?スプレー型VS置き型

タイトル

 

家庭用消臭剤では「スプレー型」「置き型」タイプのものがよく見られますが、

この2種類のタイプそれぞれの特徴をご存じでしょうか?

 

「使い分け」できますか?

 なんでもスプレー派 or 置き型派になっていませんか?

 

ご家庭の気になるニオイをきちんと取るためには、「スプレー型」と「置き型」それぞれの特徴を知っていることが大切です。

両者の特徴を比較すると下記のようになります。↓

 

 

 

素早く消臭!スプレー型消臭剤

スプレー型消臭剤の多くは消臭剤液とニオイ物質との「化学反応」により消臭するため、即効性のあるものが多いです。

化学反応のため置き型消臭剤では取りきることの出来ない家庭内での比較的強いニオイ(ペット臭、トイレ後の臭い、ニオイものの調理後、生ごみの臭い、一日履いた靴の臭い…)に向いています。

家庭内での比較的強いニオイは突発的に発生することが多く、置き型消臭剤を設置してもそれのみでは取りきることができず、人によっては「ウーン…」と気になるものです。

残念ながら置き型消臭剤のみでは取り切れないニオイもあるのです。

 

ただし、スプレー型消臭剤は素早くニオイを消すことに特化している分、持続性がありません。

それでもニオイに合った適切な消臭剤を使用すれば(ニオイの強さにも寄りますが)

噴霧→数分したら再度噴霧を数回繰り返すことでニオイは低減されることが多いです。

 

 

ニオイのベースラインを下げる!置き型消臭剤

ビーズタイプ、ゲルタイプ、などがある置き型消臭剤は主に「物理吸着」によりニオイ物質をビーズ・ゲル、ろ材に吸着させます。

「化学反応」による消臭をするスプレー型と比較すると即効性には欠けますが、常にニオイ物質を吸着し続けるので持続性があることが特徴です。

長期間ニオイ物質を取り続けることで、空間のニオイのベースラインをある程度下げることができます。

ただし、家庭用サイズの置き型消臭剤は容量が小さいため、広い空間には向きません。

玄関、トイレ、冷蔵庫など狭い空間のニオイのベースラインを下げることに特化しています。

 

 

上手な使い方

スプレー型、置き型消臭剤の特徴を踏まえると、下記のような使い方をすることでワンランク上の家庭内空気環境を目指せるのではないでしょうか。

 

①置き型消臭剤で日常的に家庭内のニオイのベースラインを下げておく。

②突発的なニオイ発生時にはスプレー型消臭剤で素早く消臭する。

 

置き型消臭剤とスプレー型消臭剤を上手く組み合わせ、快適な空気環境をつくることでQOLを向上させましょう。

 

その他、スプレー型消臭剤消臭剤記事はこちら。

・あのニオイにもきっと効く!家庭用消臭剤マイクロゲルカラーシリーズ

・猫にトイレ以外でおしっこされてしまったときの対処法

 

カルモアのスプレー型消臭剤はこちらからご購入頂けます!

 

 

 

 

 

 

空気環境のことで
悩んでいませんか?

カルモアでは、誰もがどこでも安心・快適な空気を吸えるよう、調査から対策まで、
問題解決のお手伝いをしております。些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

CATEGORY

RANKING

カルモアホームページバナー

株式会社カルモア コーポレートサイトはこちらから

カルモアの商品はオンラインショップでもご購入いただけます

PAGETOP