MENUCLOSE

臭気判定士の激闘

臭気判定士が見た脱臭・消臭・臭気対策、防カビ除菌対策の現場をレポート。
どんなニオイにも立ち向かう。見えない空気を相手にあくなき挑戦を続けます。

灯油やガソリンの臭いをプロ消臭、臭気判定士の消臭方法

臭気判定士が考案する、灯油・ガソリンをこぼしてしまった際の消臭方法をご説明します。

ニオイの発生原理に基づき、安価で失敗のない消臭方法です。

 

 

ストーブを使うときに灯油をこぼしてしまったことはありませんか?

ちょっとした振動で車の中に灯油をこぼしてしまったり、灯油補充の際に洋服やじゅうたんに付けてしまったり。

あるいは、ガソリンスタンドでの給油作業でガソリンを服にこぼしてしまったことはないでしょうか。

灯油・ガソリンの臭いは、洗濯やふき取りをしてもなかなか取れず、困ります。

 

 

そんな時のために!

株式会社カルモアの臭気判定士が自信をもって消臭方法を伝授します!

 

そもそも灯油のニオイって何?

灯油・ガソリンのニオイの原因となる主成分は、メチルメルカプタンなどの硫黄系臭気成分です。

「硫黄系臭気」はよく、温泉のニオイ、腐った卵のニオイ、などと表現されます。

「硫黄系臭気成分」は閾値の低い物質が多く、ごく薄い成分濃度でも嗅覚が敏感に感知してしまいます。

そのため一度ついてしまった灯油は、拭いたり洗ったりして見た目には除去したように見えても、極少量残っている成分がいつまでも嗅覚に反応し、「灯油のニオイがなかなかとれない」となるわけです。

 

灯油のニオイの消臭方法(プロ臭気判定士のワザ!)

1.まずはこぼれた灯油自体を除去します。

エタノール(アルコール)をこぼれた面にかけ、布などでよく叩いて、浮かせ取りします。

エタノールには灯油を溶かして浮かす効果があるため、繊維などの奥に入ってしまった灯油を浮かび上がらせることが可能です。

市販のエタノール(アルコール)が手に入らない場合は、カルモア製消臭スプレー「マイクロゲル空気清浄剤」でも代用できます。マイクロゲル空気清浄剤スプレーは、エタノール濃度47%(vol/vol)を含有しています。

飲酒用のお酒を使うとお酒に含まれる含有成分由来の腐敗臭をかえって発生させてしまうため、飲酒用のお酒は使用しないようご注意ください。

また、火の近くや喫煙しながらの使用は絶対に行わないようご注意ください。(ストーブはつけないで消臭作業!)

 

2.しみ込んだ灯油のニオイを消臭します。

次に、硫黄系臭気を得意とする消臭剤「マイクロゲルBlack」で消臭します。

他社製の消臭剤を使用する場合は、無香料のものをご使用ください。香り付き消臭剤の場合、一カ所に集中的に使用するとかえって芳香剤のニオイが取れずに悩まされることになります。

また、硫黄系臭気に向かない消臭剤を使用する場合、しみ込んだ硫黄系臭気と化学反応してさらに強いニオイにさせてしまう可能性がありますので、消臭剤の選定にはお気を付けください。

 

灯油・ガソリンのニオイを消臭する手順は以上です。

ニオイが強いときは、上記1・2の手順を何回か繰り返してみてください。

劇的に消臭効果を感じて頂けるはずですので、ぜひ一度お試しください。

 

 

なお、カルモアオンラインショップでは、上記

1.アルコール入り消臭スプレー と 2.硫黄系臭気用 消臭剤マイクロゲルBlack をセットにして

灯油をこぼしてしまった時用消臭剤セット】 として販売しております。

各商品の単体販売も行っております。よろしければお試しください。

 

 

 

 

空気環境のことで
悩んでいませんか?

カルモアでは、誰もがどこでも安心・快適な空気を吸えるよう、調査から対策まで、
問題解決のお手伝いをしております。些細なことでもまずはお気軽にご相談ください。

CATEGORY

RANKING

カルモアホームページバナー

株式会社カルモア コーポレートサイトはこちらから

カルモアの商品はオンラインショップでもご購入いただけます

PAGETOP