MENUCLOSE

臭気対策のカルモア(臭気調査・脱臭装置・消臭剤・センサー)・防カビ・除菌・ウイルス対策

創業30年 実績9万件超 全国対応
脱臭・臭気対策のカルモア

におい用語辞典

GLOSSARY

臭気指数

臭気指数とは、人間の嗅覚を用いてにおいの程度を数値化した尺度の1つ(嗅覚測定法または官能試験法の中の1つ)で、悪臭防止法における規制基準値として用いられる。

具体的な数値算出としては、臭気濃度(=もとのにおいを 人間の嗅覚で感じられなくなるまで無臭空気で薄めたときの希釈倍数)の対数に10を乗じて求める。

 

● 臭気指数=10xlog(臭気濃度):臭気濃度の対数

(例)臭気濃度100 の臭気指数は20、臭気濃度10,000 の臭気指数は40

 

感覚として感じるにおいの強さ(感覚強度)は物質濃度とは異なり、感覚強度は濃度の対数に⽐例すると説いたのがフェヒナーの法則である。

臭気指数は、この「感覚強度を表す尺度」ということができる。

 

悪臭防止法では、工場・事業場の敷地境界の規制基準(1号基準)を、臭気指数10~21の範囲内で都道府県知事等が定めることとなっている。

臭気強度 2.5 3 3.5
臭気指数(全業種) 10~15 12~18 14~21

 

 

官能試験法(嗅覚測定法)の中でも、臭気強度表示法、快・不快度表示法がニオイの臭さの程度を判定するのに対し、この臭気濃度表示法はにおいの有無を判定するため、判定結果(測定値)において比較的個人差が少ないといわれている。

臭気指数算出に用いる臭気濃度の主な測定法としては、三点比較式臭袋法、セントメーター法、ASTM注射器法などがある。

 

 

 

【参考資料】

 

 

「におい」のことならカルモアへ。お気軽にご相談ください。

 

 

《 カルモアの製品・サービスのご紹介 》

》臭気測定(臭気判定士による臭気指数・臭気濃度測定)

悪臭防止法の定めに沿い、国家資格である臭気判定士が三点比較式臭袋法による嗅覚測定を行い、臭気指数・臭気濃度を算出いたします。

2号規制算出・苦情解決・脱臭装置効果検証・選定などもサポート。臭気測定器(ニオイセンサー)併用の運用アドバイスも可能です。

 

》臭気アセスメント(工場臭気対策支援/測定~対策まで)

失敗しない臭気対策・悪臭苦情解決を総合的にサポート!

ニオイ状況・苦情発生原因を可視データ化し、最適な脱臭対策のご提案で無駄な設備投資コストを省きます。

※含まれるサービス:臭気調査・臭気測定・臭気排出強度算出・においシミュレーション・脱臭装置選定・設計・導入・アフターサポートなど

 

》臭気拡散シミュレーション(臭気指数計算・悪臭苦情回避)

圧倒的な精度と信頼性で、苦情を回避する!

「臭気指数2号基準の算出」に加え、より実態に沿った拡散シミュレーションで「悪臭苦情の解決回避」を実現し、設備設計の失敗リスクを軽減します。

 

PAGETOP