MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ...日本全国、海外も対応のカルモア

製品・サービス紹介

PRODUCTS&SERVICES

脱臭装置

失敗しない脱臭装置を。
大規模風量~小型装置まで

40万種類のニオイに最適解。
創業30年の脱臭経験と実績でお応えします。

  • 多種多様・膨大な
    臭気データベース

  • 業界最先端の
    脱臭技術とノウハウ

  • 高い現場経験値
    と対策実績数

大風量の排気装置から一部屋容積の小型装置まで

あらゆるニオイに向けて、幅広いサイズ・タイプの脱臭装置を取り揃えております。カルモアは脱臭装置・空気環境対策の専門業者です。

カルモアの主要な脱臭装置

消臭剤スプレー装置 湿式 小~大風量・低~中濃度臭気に最適。臭気専用消臭剤と合わせることで効果絶大。
スクラバー脱臭装置 湿式 面風速・充填材の設計で脱臭効果が自在に。臭気専用消臭剤と合わせることで効果絶大。
酸素クラスター除菌脱臭装置 乾式 累計納入台数5,000台超えの超ロングセラー商品。室内脱臭除菌の決定版。
セラミックフィルター脱臭装置 乾式 不燃性で厨房排気専用に開発。ロングライフと低コストを実現するフィルター型商品。
活性炭フィルター脱臭装置 乾式 脱臭技術の大定番。設計・既設導入がしやすい様、多彩な形状でご用意。
高温酸化触媒方式脱臭装置(ETO) 乾式 化石燃料を使用しない次世代の電気式x触媒型。小風量対応の画期的な燃焼装置。

 

オゾン脱臭機消臭剤噴霧器消臭剤のみの販売も行っております。
※上記以外の脱臭装置をお探しの場合は、「なぜその技術を持たないか」というご説明もさせて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

▶一般的な脱臭装置の比較一覧はこちら。

 

なぜ脱臭は失敗してしまうのか。

地球上に存在するニオイ物質は、40万種類以上あると言われています。その反応性や分子量が全て異なる臭気物質を、一つあるいは限られた脱臭技術だけで対策することは不可能です。

私たちカルモアは創業1990年以来、脱臭を中心とした空気環境事業に特化してお客様の問題と向き合う中で、様々な脱臭技術・対策方法で試行錯誤を繰り返しながら、幅広い除去技術・商品群・ノウハウ・臭気データベースを蓄積して参りました。

その対策実績は90,000件を超えます。

ニオイは目に見えない物質であり、嗅覚という感覚値もまた個人差があるため、ニオイの問題において根本的な課題の解決やその納得性を得るというのは、簡単なことではありません。

その見えないニオイを見えるデータとして視覚化し、脱臭効果や除去結果を客観的データで証明し、「ただニオイを取る」「ただ測定をする」という作業の枠を超え、「住民苦情を解決する」「周辺地域への配慮を実現する」「作業環境を改善する」「就労者・居住者・施設利用者に安心安全を提供する」といったお客様の根本的な課題の解決を目指しております。

 

私たちカルモアが目指すのは…

ただニオイを取る

ただ臭気測定をし、データを提出する

多数の脱臭装置の選択肢と比較を提示する

〇 住民苦情を解決する

〇 周辺地域への配慮を実現する

〇 作業環境を改善する

〇 就労者・居住者・施設利用者に安心安全を提供する

 

 

失敗しない脱臭装置選び ~脱臭装置の選定方法

失敗しない脱臭装置の選定・立案には、

①ニオイ物質の正しい理解

②①と③に対して適した脱臭技術の選定

③発生状況の正しい把握

掛け合わせが必要不可欠です。

どの要素が欠けても、装置選定を失敗してしまう可能性が高まります。

②については学術的な文献によりある程度の知識と情報を得ることが可能ですが、①は複合臭(単一の臭気成分ではなく、多種類の成分が混合して排出されている臭気)の場合には、どの物質をターゲットにすべきであるかなど、高度な経験値が必要となります。

また③においても脱臭装置選定に必要な測定方法がありますので、経験値が無くデータ取りをしてしまうと、高額な脱臭装置を選択するなどのデメリットの多い結論を招いてしまいます。

 

設計段階・スペックイン案件など、実際の臭気発生がない場合でも、過去の事例や想定計算などにより脱臭装置設計をお手伝い可能です。

よくある脱臭装置の失敗例

以下に、私たちがお伺いした現場でお客様が抱えていた問題例をご紹介します。

脱臭装置は高額の商品です

臭気排出の状況把握からしっかりとステップを踏んで正しい装置選定を行わないと、結果的に多くのコストを出費することになりかねません。

出入りの設備業者様や機器商社様のセカンドオピニオンとして、臭気対策専門家の私たちにお気軽にご相談いただければと思います。

 

● 脱臭装置がついているのに臭気苦情が収まらない。行政から改善指導を受けてしまった。
● 臭気判定士による臭気指数測定(排気口・敷地境界線など)で基準値クリアしたが、苦情と臭気が低減しない。
● 複合施設の厨房排気のニオイが施設内や駐車場に漂ってしまっている。
● 活性炭装置が当初の想定以上にすぐ破瓜してしまい、交換コストが厳しい。
● 高湿度の排気に活性炭を導入してしまい、結露がひどく、臭いが取れていない。
● スクラバー(洗浄塔)で中和反応させているが、臭いが取りきれない。
● 生物脱臭装置がニオイを取り切れておらず、逆に悪臭を強めている。
● 粉塵や油ミストの目詰まりがひどく、脱臭が機能していない。適正な換気回数になっていない。
● メンテナンスを行っていなかったため機能していない。(所有の装置で継続使用可能か知りたい。)
● 消臭剤の効果が出ていない。消臭剤の香りで新たな苦情が発生してしまった。
● オゾン発生装置は人体に有害と聞いて、このまま使用するか迷っている。

 

上記はほんの一例ですが、ニオイに関するトラブルやご不明点は、なんでも脱臭専門のカルモアにご相談ください。

 

そもそも、なぜ臭気対策(脱臭装置)が必要になるのか?

事業所はなぜ脱臭装置を設置しなければならないのでしょうか。

それは、事業所から発生する悪臭に対して、悪臭防止法(環境省管轄)が定められているからです。

悪臭苦情などの解決、特に工場など産業事業所における臭気対策の必要性は、この悪臭防止法の順守義務により発生します。

そこで、臭気対策を行うには、まずは悪臭防止法の理解から進めることになります。しかしながら、法律書と言うのはやはり理解するのが大変なものです(^^;)。

 

そこで、悪臭防止法を(超)簡単に説明してしまうと、、、

 

●特定悪臭物質(22物質)の濃度
●臭気指数

の両方において、

●排出口(煙突など)
●敷地境界線(事業所の敷地の端っこ)
●排出水

のそれぞれにおいて数値基準(規制値)が設定されており、その値を下回る必要がある、ということです。

 

▶悪臭防止法について詳しく知りたい方は、こちら。
▶悪臭防止法をザックリ概要だけ見たい方は、環境省「悪臭防止法パンフレット」がオススメです。

 

規制について理解したら、実際にどのレベルの臭気が事業所から排出されているか認識する必要があります。

この測定方法については、悪臭防止法で詳細に指定されており、正しい測定方法に沿った測定値でないと、悪臭防止法を順守している根拠として有効ではありません。

排出臭気のレベルを測定する際は、臭気判定士などを有する測定専門会社へ委託されることをお勧めします。

また、測定会社を選定する際に特に留意頂きたいのが、「臭気対策までの絵を描ける測定業者を選ぶ」ということです。これは声を大にしてお勧めしたい!

ゴールを描かないままにただ測定をしてしまった場合、脱臭装置選定や臭気対策を計画する際に、対策前のデータとして活用できず、測定し直しとなることが非常に多いからです。もし測定業者と脱臭装置会社が別の会社になる場合には、ぜひ測定前に、脱臭装置の選定に必要な測定データについて脱臭装置会社へ一度ご相談し、ゴールを描いてから測定を実施されると良いでしょう。

一般的な脱臭装置の一覧

一般的な脱臭装置の各種において、概要・メリット・デメリット・適用例を、環境省の資料をベースに一覧にまとめました。

どのような脱臭技術・脱臭装置があるのか、大まかなイメージを掴むのにご参考にして頂ければと思います。

※画像をクリックすると、pdf化された資料をご覧いただけます。

 

本一覧表は、環境省の資料をベースに作成しております。

環境省が配布している資料をご覧になりたい方は、環境省のHPにて入手が可能です。

▶環境省「におい対策・かおり環境について」のページへ。

 

臭気測定から脱臭装置の選定・既存脱臭装置の効果測定まで、

ご不明点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

カルモアの各脱臭装置の詳細をご覧になりたい方は、↓↓↓の各バナーをクリックしてお進みください。

製品・サービス紹介

PAGETOP