MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ・ウイルス対策。日本全国、海外も対応のカルモア

におい用語辞典

GLOSSARY

6段階臭気強度表示法

臭気強度表示法の一つ。日本ではもっとも広く使われており、具体的には以下の表現が用いられる。

 

0:無臭
1:やっと感知できるにおい(検知閾値)
2:何のにおいであるかわかる弱いにおい(認知閾値)
3:楽に感知できるにおい
4:強いにおい
5:強烈なにおい

 

0.5 間隔で尺度を表すが、0〜1では判別出来ないゆえに0.5 間隔は⽤いないため、全部で11段階となる。

 

悪臭防止法における特定悪臭物質(22 物質)の「敷地境界線における規制基準」の設定において、悪臭の強さと物質の濃度(または臭気指数)の関係を示す尺度として用いられる。

具体的な規制基準値を、6段階臭気強度表示法の臭気強度2.5を下限、臭気強度3.5を上限として、その強度値に対する特定悪臭物質の濃度(あるいは臭気指数)を基準範囲として定めるものである。

 

【参考資料】

 

 

 

 

 

 

 

 


 

      • 敷地境界線や排出口における悪臭規制基準値のクリア
      • 周辺悪臭苦情の解決
      • 脱臭装置の選定方法   など…

対策にお困りの場合は、総合的な診断・ご提案を行う「カルモア臭気対策コンサルテーション」がオススメです。

製造業・工場における対策実績が多く、様々な事例から判断いたします。

 

 

まずはお気軽にご相談ください。

ら行のその他の用語を見る

PAGETOP