サービス・製品紹介

HOME > サービス・製品紹介 > 脱臭装置 > 燃焼脱臭方式

燃焼脱臭方式 ETO脱臭装置

化石燃料を使用しない次世代の電気式触媒燃焼脱臭装置 ETO脱臭装置

今まで燃焼法が苦手としていた処理風量域、スクラバーや活性炭等が苦手としていた対象臭気に対応した、新しいタイプの脱臭装置。対象臭気を特殊なヒーターで300〜350℃に暖め、特殊ハニカム触媒フィルターで対象臭気を分解して脱臭する次世代の脱臭方式です。



ETO紹介動画


高い脱臭効率

対象臭気を選ばずに高い脱臭効率80〜99%以上を得られます。
燃焼法が苦手としていた小風量1〜50m3/minで、燃焼法と同等の性能を発揮。
様々な工場及び事業所の臭気対策に非常に有効です。

高い脱臭効率
低ランニングコスト

排熱回収にナノテクノロジーを使用。高い熱交換率で排熱を回収、再利用します。
その結果、臭気を加熱する際に必要な電気代を1/3に抑えることができます。

低ランニングコスト
電気で稼働する地球にやさしい脱臭装置

化石燃料を使用せず、電気のみで稼働するため、CO2の発生がありません。
また、原油価格に左右されることなく、安定したランニングコストで運用が可能です。

ページトップへ

こんなニオイに

対象臭気

ETO脱臭装置は、ほぼ全ての種類、低〜高濃度臭気に対応可能です。

活性炭脱臭装置が苦手とする

  • 高温・高湿度の臭気に
  • アルデヒド系臭気に
  • 高濃度臭気に

活躍します。

適正風量

他の装置が苦手としていた風量域をカバー。
燃焼方式の脱臭装置が苦手とする「小風量域の高効率脱臭」が可能です。

ページトップへ

ETO 脱臭のしくみ

ETO 脱臭のしくみ

ETO脱臭装置の性能データ

臭気成分・臭気濃度ともに、高い効果を誇ります。

排水処理設備排気臭対策

KALETO-0200にて、製菓工場排水処理設備からの硫化水素やメルカプタンを除去し、臭気濃度を大幅に低減しました。

排水処理設備排気臭対策
乾燥炉排気臭対策

デモ機にてタール分を含む加熱炉排気臭処理に対し、長期デモテストを行いました。

乾燥炉排気臭対策
化学工場 排水処理設備排気臭対策

KALETO-0010にて2-ブチンを含む排水処理設備の排気を処理しました。

化学工場 排水処理設備排気臭対策

その他の実績を調べる

ページトップへ

テスト装置で、脱臭効果を確認できます。

1m3/minのデモテスト機をお客様の所に運び、実際の臭気で脱臭効果を確認することができます。

  • 1m3/min テスト装置

    1m3/min テスト装置

  • 工場内でもテスト可能です。

    工場内でもテスト可能です。

機器仕様

燃焼式脱臭装置とほぼ同等の性能を発揮しながら、燃焼式よりもコンパクトかつ軽量です。

型式 風量 ヒーター消費電力 送風機消費電力 実稼働時消費電力 本体寸法[mm] 重量
KALETO-001 1Nm3/min 8.5kw 0.13kw 2.26kw 470W×825L×530H 81kg
KALETO-005 5Nm3/min 24kw 3.7kw 9.7kw 1000W×1870D×2105H 1400kg
KALETO-010 10Nm3/min 36kw 5.5kw 14.5kw 1100W×2500D×2740H 2200kg
KALETO-020 20Nm3/min 70kw 7.5kw 25kw 1210W×3200D×2790H 3300kg
KALETO-030 30Nm3/min 100kw 11kw 36kw 1210W×4200D×2850H 4300kg

※103/min以上では現場に合わせて組立が変わることが多いため、重量は参考値として見てください。

ページトップへ