サービス・製品紹介

HOME > サービス・製品紹介 > 脱臭装置 > セラミック触媒方式 > ゼオガイア脱臭フィルター

セラミック触媒方式

厨房排気臭を強力脱臭!ゼオガイア脱臭フィルター

多種に渡る調理臭に対して、高い脱臭性能を発揮致します。高負荷時には強力脱臭し、低負荷時には徐放させてにおいを低レベルで平準化させます。

  • 厨房排気ゼオガイア脱臭フィルターによる、調理臭やオイルミストの除去イメージ
高い脱臭性能

幅広い種類の調理臭に対応する為、調理臭の除去に適した原材料を数種類配合してフィルター化致しました。 特に、従来活性炭等の吸着材が苦手としてきた、臭気苦情の主原因となる焼き焦げ臭に対しても高い除去性能を有しています。

数種類の原材料を配合した結果、様々なサイズの吸着細孔が形成され低分子から高分子までの幅広いレンジの臭気物質を強力に吸着脱臭致します。

<調理臭別脱臭性能の一例>

  原臭 ゼオガイア
3段出口
脱臭
効率
焼肉 1300 50 96.2%
カレー 3200 320 90.0%
唐揚げ 1600 160 90.0%
ニンニク炒め 5000 100 98.0%
魚炭火焼き 3200 400 87.5%

調理臭別に原臭と3段出口の臭気とを比較した脱臭効率のグラフ。脱臭効率は、焼肉では96.2%、カレー、唐揚げでは90.0%、魚炭火焼きでは、87.5%、そして最大の脱臭効果が出たのは、ニンニク炒めでの98.0%である。

ロングライフ

低負荷時に吸着していた油分や臭気分子を緩やかに放出する徐放作用で、吸着効果のみの脱臭素材に比べ、ロングライフでご利用頂けます。含有している原材料の一部が触媒の様な作用を発揮することで徐放作用をアシスト致します。
従来の活性炭のように交換にかかる手間を軽減致します。

* オイルミストや煙・塵埃を多量に含む厨房排気対策の場合には、ゼオガイア脱臭フィルター前段にグリス除去用のフィルター設置が必要となります。

低圧損・省スペース・軽量化

不燃性セラミック無機繊維から製造した脱臭フィルターの為、従来のセラミック脱臭フィルターと比べ大幅に軽量化しております。
フィルター仕様を見直すことで、従来よりも速い使用風速域でも使用可能となり、省スペース化を実現するとともに、低圧力損失化も達成致しました。

厨房排気脱臭フィルターの低圧損・省スペース・軽量化における最適化のグラフ。従来の厨房排気脱臭フィルターと、セラミック触媒方式のゼオガイア脱臭フィルターとを比較し、圧力損失では48%、省スペースでは38%、軽量化73&の削減が可能になった。

ページトップへ

ゼオガイア脱臭装置の設置例

厨房のレンジフード後の排気ダクト途中に、専用のケーシングユニットを設置して、ゼオガイア脱臭フィルターをユニット内部に固定します。

  • ゼオガイア脱臭フィルター

    ゼオガイアフィルター

  • 厨房排気脱臭のユニット

    ユニット

  • 厨房排気脱臭フィルターの設置風景。ユニット側面より、ゼオガイア脱臭フィルターを3段に重ねて収納しています。

    設置風景

こんなニオイに

各種飲食店からの厨房排気臭対策、食品加工工場の排気臭対策、油臭・焼き焦げ臭対策、様々な調理臭対策

<納入飲食店種類>
焼肉店、焼き鳥店、中華レストラン、イタリアンレストラン、炭火焼き店、等

納入実例を探す

ゼオガイアの仕様
ゼオガイア脱臭フィルター
型番 ゼオガイア W-80
セル数 不燃性セラミック無機繊維
サイズ 300mm□×60mmt
重量 1.5kg
推奨使用面風速 〜2.5m/sec
推奨温度範囲 0〜60℃
推奨湿度範囲 〜90% ※ただし結露しないこと
ゼオガイアの圧力損失

ゼオガイアの圧力損失を折れ線グラフにして表記。面風速が高くなるにつれ、圧力損失も右肩上がりになっている。

お問い合わせの際には、下記情報をお知らせ下さい。

  • 排気風量
  • 原臭臭気濃度
  • 脱臭目標値
  • 稼働時間
  • 臭気質(飲食店種類)

お問い合わせ

使用に際しての注意事項

オイルミスト前処理
厨房のフード部分には、必ず総務省消防庁「グリス除去装置の構造等の基準(平成8年8月15日付消防予第162号)」に準拠したグリスフィルターをご使用下さい。
脱臭フィルターにてある程度は油分を補足・吸収致しますが、フィルター寿命を延ばす為に、多量のオイルミスト発生が予想される焼肉、焼き鳥、中華料理、イタリアン料理、フライヤー、鉄板焼き等の調理臭系統に使用する場合には、上記とは別に脱臭装置前段でオイルミストを除去して頂きます様お願い致します。
煙・塵埃の前処理
ゼオガイア脱臭フィルターは臭気分子の除去を目的に製造されており、除塵は目的としておりません。
塵埃が多量に飛散してくるとフィルターの目詰まりの原因となり排気風量の低下を招く可能性がございます。
塵埃が多量に飛散してくる場合には、ゼオガイア脱臭フィルターの前段で除去して頂きますようお願い致します。
使用環境
液体中では使用できません。

ページトップへ