MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ・ウイルス対策。日本全国、海外も対応のカルモア

におい用語辞典

GLOSSARY

アンモニア

分子式はNH3。

分子量17.03、沸点-33.4℃、融点-77.7℃。空気より軽く、拡散性が高い。

刺激性のある気体で、検知閾値は0.15ppmとされている。
悪臭防止法における特定悪臭物質(22物質)の一つに指定されており、敷地境界線における規制基準の範囲は物質濃度1~5ppmである。

 

代表的なニオイは、おしっこ(尿)のニオイである。

産業界・製造業における主な発生源としては、畜産事業場、化製場、し尿処理場などがある。

過去の臭気調査において、コンクリートや内装建材が化学反応を起こし、アンモニアを発生させるという現場あり。

 

 

 

■マメ知識:アンモニアの消臭(脱臭)■

アンモニア臭の消臭・脱臭には、酸との中和反応を利用するのが効果的である。

ただし排出濃度が一定以上になると、反応後の生成物が固形化してしまうため、(例えば、硫酸とアンモニアを反応させると硫酸アンモニウムを生成する)薬液充填塔などによる脱臭対策には注意が必要となる。

生活の中における、おしっこなどのアンモニア臭の消臭には、酸性系の消臭剤が適しており、アンモニアは水に溶けやすいため、臭気の沁み込みが低レベルであれば、水だけでもある程度の除去効果が得られる。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  • 産業工場・事業所内などにおけるアンモニア臭の脱臭対策は、空気環境事業部へご相談ください。

 

 

  • アンモニア向け消臭剤をお探しの方は、オンラインショップがご便利です。(24時間OPEN、全国配送対応)

 

 

関連用語

PAGETOP