MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ・ウイルス対策。日本全国、海外も対応のカルモア

導入事例

SOLUTIONS

飲食店舗の出店計画/厨房排気 脱臭装置の設計

  • 臭気成分

    厨房・調理排気臭
    飲食店舗の排気臭対策

  • 発生場所

    飲食店舗厨房排気系統

  • 導入企業

    飲食店・レストラン全般

飲食店舗の出店を予定されている方、店舗設計をされている方に向けて、厨房排気の脱臭装置のご相談を設計段階よりお受けします。

稼働後の住民苦情を未然に防ぎ、悪臭防止法の規制値をクリアするなど、飲食店にまつわる臭気対策をご支援します。

飲食店舗の臭気対策について

近年、飲食店舗の臭気苦情が増加しています。

地域に愛される飲食店・レストランを目指し開店したはいいものの、近隣からの臭気苦情に悩まされ経営に苦労する、というケースも少なくありません。

自慢の味、食を通じて幸せを生みだしたい、、、そんな開店本来の目的や夢を実現できる様、設計段階・出店計画段階から臭気対策の計画もしっかりと立てておかれることをお勧めいたします。

 

私たちカルモアは、小型店舗から複合施設などの大規模風量まで、厨房脱臭装置における実績を多数有しております。

厨房排気臭に特化して開発されたセラミックフィルター「ゼオガイア脱臭装置」は、累計納入枚数 22,456枚を超過いたしました。この幅広い経験値と実績を基に、まだ実際のにおいが発生していない設計の段階から、確実な対策をご提案可能です。

 

事例ポイント

  • 店舗設計段階での計画立案・ご提案
  • 多数の実績で脱臭効果を証明
  • 飲食店舗・テナントの厨房排気臭対策
  • 幅広い臭質に対応(焼肉・焼鳥・イタリアン・カレー・コーヒーなど)
  • 悪臭防止法の知識に基づくご提案

ゼオガイア脱臭装置の特徴

簡単な取り扱い

脱臭装置と聞くと大掛かりなイメージを持ってしまうかもしれませんが、ゼオガイア脱臭装置は非常にシンプルな構造です。取り扱いが複雑ではないため、どなたでも簡単にご利用いただけます。

厨房排気ダクトの途中に脱臭装置ケーシングユニットを据え付け、ゼオガイアフィルターを通して脱臭します。

 

フィルターは多段に積層することが可能なため、例えば強い臭気や特異性の高い排気成分に対して、フィルター段数を追加することで失敗のない脱臭効果を確保することも可能となります。

また、後からフィルターを追加することも可能です。

反対に、ご予算と臭気の強さや出口の目標値に合わせ、フィルター段数を削減してコストを下げることも可能です。

 

平均的な脱臭効率は75~90%、最大で98%まで脱臭効果を高めることが可能です。

 

 

コンパクト設計

脱臭装置の設置場所が確保できないケースも多いかと思います。

通常、脱臭装置は屋上などの屋外に設置されることが多いですが、スペースが限られる場合、自社店舗エリア内で設置を行いたい場合などは、天井裏に設置することもできます。

天井設置用の天吊り仕様タイプは、装置がコンパクトで天吊りに対応しうる重量の商品仕様となっており、店舗の外観を損ねることもないためご好評を頂いております。

 

天吊り仕様/天井裏に設置         ゼオガイアフィルター装填後の風景

 

 

実績に裏付けされた脱臭性能

本脱臭装置に装填されるセラミックフィルター【ゼオガイア】は、創業30年、ニオイの専門業者として現場経験と実績を積み重ねてきたカルモアが、厨房調理排気臭専用に開発いたしました。
発売以来、幅広く多くのお客様に導入頂き、累計納入枚数 22,456枚を超過いたしました。

 

 

ゼオガイア脱臭装置を詳しくを見る

 

活性炭よりはるかにランニングコストが低く、施工性の高いケーシング型(枠ごと容易に取り外しが可能)での導入となるため、お客様の維持負担も軽減いたします。

活性炭と異なり不燃性であるため、可燃性素材NGの厨房排気ダクトへの導入も問題ありません。

 

様々な飲食店舗での高い脱臭パフォーマンス

・焼肉店舗

・ハンバーガーショップ

・焼鳥店舗

・うどんチェーン店舗

・イタリアンレストラン

・パン屋

・焙煎コーヒー喫茶店

 

など。。。

重飲食から軽飲食までさまざまな飲食テナント様でご利用いただいております。

 

 

ゼオガイアの脱臭効果は、臭質(何のにおいか)によりますが、平均的な脱臭効率は75~90%、最大で98%まで脱臭効果を高めることが可能です。

ご予算に寄り、求める脱臭効果を調整できる点も、ゼオガイア脱臭装置の大きな魅力と言えます。

「臭気苦情の起きない対策を」をゴールに、お客様のご予算や設備条件をお聞きしながら最適な対策提案を致します。

 

飲食店の臭気対策(脱臭装置の設置)はなぜ必要か。

それは、「悪臭」が環境基本法 第2条で定める「公害」(いわゆる典型七公害)の中の一つであり、感覚公害として、住民の苦情や陳情を受け行政が対策を求められるからです。

具体的な規制基準としては、悪臭防止法において臭気強度の規制値が定められており、事業主はこの基準値をクリアする必要があります。

 

▶悪臭防止法についての詳しい説明はこちら。

 

 

しかしながら小規模店舗・個人経営飲食店などにおいては、脱臭装置の導入は高いハードルであることも事実です。

環境省では飲食店事業者向けのマニュアルを公開し、事業者の理解を求めると共に支援を行っています。

 

▶飲食業の方のための「臭気対策マニュアル」

 

 

無理のない対策を。確実な臭気苦情の抑制を。

法律を熟知した脱臭専門家の私たちがご支援いたします。

日本全国対応、ご相談に応じます。

飲食店舗での厨房排気対策脱臭装置をご検討の際は、どんなご質問でもお気軽にご相談ください。

導入事例

PAGETOP