MENUCLOSE

臭気対策のカルモア(臭気調査・センサー・脱臭装置・消臭剤)・防カビ・除菌/ウイルス対策

導入事例

SOLUTIONS

自動ニオイ測定システムで日常の測定作業をゼロに!食品工場の事例

  • 臭気成分

    排水処理の臭気
    食品加工の排気臭

  • 発生場所

    食品加工工場の排水処理施設、製造工程排気

  • 導入企業

    大手食品加工会社の工場/北関東

騒音・悪臭両方の苦情が発生していた食品工場に、悪臭対策の一つとして、常設の自動ニオイセンサーを設置しました。

ニオイ測定を自動化し、データを常に設備管理部内で受信することで、日常の測定作業の負荷をかけずに環境管理を行います。
敷地境界にそびえたつニオイ監視システムLIMOSは、周辺地域に対し、対策へ向けた前向きな企業姿勢を表しています。

測定作業を自動化し、ニオイを常に監視する

環境省が公開している苦情発生件数データを見ると、騒音と悪臭はほぼ同レベルであり、事業所・工場においては、「近隣住民の苦情を減らす努力」が常に求められます。

 

本工場においては、過去に騒音苦情と悪臭苦情の両方が発生していました。

既に対策を講じたために苦情は減少していたものの、引き続きニオイ対策の一環として、ニオイセンサー数値による環境管理を計画されました。

 

 

 

 

ニオイセンサーには、安価なポータブルタイプの商品があります。

測定は非常に楽ですが、測定都度、担当者が現場の敷地境界線に出向かなければならないという手間があります

また、そのデータは測定時の一時的なものであるため、必ずしも正確な現場把握とはなりません。

 

「作業負担を担わずに、適正な状況把握を行いたい。」

そのようなご希望を、定点式におい自動測定システムで解決した食品工場の事例をご紹介します。

 

事例ポイント

  • 測定作業を自動化して、手間を省きたい
  • 住民苦情への対策姿勢をアピールしたい
  • 常時ニオイを監視して、苦情発生に対応したい
  • 悪臭苦情とニオイ排出(=センサー数)の相関を追いたい

「24時間自動・無人のニオイセンサー」導入までの流れ

システムの条件

お客様は次のようなシステムを探していました。

 

  • 日常管理を徹底したいため、24時間、自動で(無人で)データを収集したい。
  • 設備管理部(事務所棟の中)にて、他の環境管理項目と共に管理したい。
  • 地域住民の方の目に触れる場所=屋外に、装置を置きたい。
  • 工場内で最もにおいが強いのは、排水処理施設のドレン抜きのタイミング。排水の臭いに反応できるセンサーを選びたい。

 

「定点式におい観測システムLIMOS(リモス)」は、上記のお客様希望に全てお応えできるため、まずはLIMOS(リモス)デモ機による実証テストを行うことをご提案しました。

デモ機でテスト検証を行う

カルモアにてデモ機を設置し、1週間、実際のニオイ発生状況を連続測定いたしました。

 

デモ機イメージ写真

設置したデモ機の概要:

    • 機器: 親機1台、子機2台
    • センサー(子機)設置場所: 住宅エリア側の敷地境界に2台
    • テスト期間: 1週間
    • 設置作業: カルモアにて施工

 

 

 

このテストで検証したのは以下の項目です。

  1. LIMOSセンサーは、お客様固有の臭いにしっかり反応するか
  2. 機器は問題なく稼働するか。
  3. お客様の敷地内で、親機(中央制御室に設置するデバイス)・子機(敷地境界線に設置するセンサー)間の通信は問題なく行えるか

 

デモテストにより、センサー数値の変動がしっかりと記録されたため、システム本機の導入が決定しました。

 

 

※敷地内に存在する建造物や地形により通信可能距離は大きく変わるため、実機ご発注前にデモ機による通信確認をご提案しています。

センサー値をお客様のニオイでカスタマイズ

カルモアにおいセンサー(LIMOS/リモス・POLFA/ポルファ)の最大の特徴の一つは、、、

 

「お客様毎の固有のニオイを、

管理しやすく、わかりやすい数値で表示できること」

 

LIMOSは標準機能として、苦情原因となる「複合臭」の変動をより管理しやすいようなセンサー値設定が組み込まれています。
加えて、よりお客様が環境管理を行いやすいよう、お客様独自の臭気をベースに算出した「臭気濃度換算値」の表示が可能です。

 

悪臭防止法における臭気規制は、この臭気濃度臭気指数において基準値が設けられています。

「臭気濃度(臭気指数)換算値」は、臭気対策や環境管理の指標目安として非常に有用です。

 

本件では、お客様からの申し出により、排水処理臭気(=嫌気発酵臭)における「臭気濃度換算値」を算出しました。

 

具体的な算出方法としては、

  1. まず現場で発生している排水処理臭を、ニオイの強い検体から弱い検体まで複数種類用意し、
  2. 三点比較式臭袋法による嗅覚測定臭気濃度を出します。
  3. 同じ検体で、検体毎にセンサー数値を取り、
  4. 臭気濃度(嗅覚測定値)とセンサー数値との換算式を算出します。

 

排水処理臭における「臭気濃度換算値」算出の資料

 

算出した換算式をLIMOS(リモス)に事前に設定しておくだけで、いつでも「臭気濃度換算値」を表示させることが可能です。

 

 

システムの仕様と設置場所

本件のシステム仕様

親機台数 1
子機台数 1
接続距離 約100m/台
敷地面積 約15万m3
システム費用 150万円+デモテスト等費用用別途

 

システム構成図

※本事例においては、導入子機(ニオイ測定器)は1機です。

 

設置場所

本件では、お客様の強いご希望として「設備管理部の部署内(=事務所棟)に親機を設置したい」というのがありました。

そのため、まずは設備管理部(事務所棟)から電波通信が可能な範囲の敷地境界に、1台目の子機(センサー測定部)を設置することにしました。

 

まず子機1台を設置して、稼働状況を確認すると共に運用に慣れ、いずれ悪臭苦情の頻度や管理の効率性を見て、子機を増加していくことも考えています。

 

 

設置工事の様子

におい観測システムLIMOS(リモス)は使いやすさバツグン!その理由は?

「臭気管理のしやすさ」に特化して開発

臭気管理・臭気対策ご担当者様にとって、とにかく、

    • 見やすい!
    • 数値がわかりやすい!
    • 管理しやすい!

を追求したのがLIMOS(リモス)です。

 

それを実現できたのは、におい対策一筋30年のカルモアが、創業当時から現在まで、臭気の現場で常にににおい測定を行ってきたから。

カルモアにおいセンサーは、においの専門家である臭気判定士により、30年間、改良・開発・現場検証が繰り返されてきたニオイセンサーなのです。

「悪臭問題が発生する現場において、最も使いやすいニオイ測定器」と言えるでしょう。

カルモアが臭気対策をお手伝いした産業工場も、非常に多岐にわたります。
そんな工場の臭気対策担当者、環境管理・施設担当者の方により使いやすい様に、LIMOS(リモス)も開発されました。
まずはデモ機で使い勝手の良さをご確認ください。

 

 

現場に行かずにニオイの動きが一目瞭然!

定点式におい観測システムLIMOS 画面表示イメージ最大8台の子機(センサー)を親機1台で受信、管理可能です。

データはリアルタイムで親機に送信、蓄積され、親機ではニオイの動きをグラフ化して継続的に変動推移を見ることができます

 

アラート機能を使えば、事前に設定した測定値を超えた際に親機上にアラート表示させることもできます。

 

管理をより楽にするLIMOS(リモス)のオリジナル機能:

    • データ蓄積記録・時系列のグラフ表示機能
    • 24時間リアルタイムのデータ受信
    • 異常値アラート機能
    • 親機1台に対し、子機8台の受信・管理が可能

 

特殊工事は不要!

無線通信のため、特殊な工事は必要ありません。

アンカー打ちできる基礎のある場所でしたら、工事は電源工事のみです。

お客様にて、出入りの工事業者・設備業者様により施工頂いても構いません。

 

 

 

 

データ通信費用(回線導入費・維持費)は、ほぼゼロ!

無線によりデータ送受信を行う仕様のため、お客様の既存の社内通信回線に導入するための設定費用や、クラウド利用などで発生するランニングコストなどは一切かかりません。

 

 

LIMOS(リモス)導入後の効果

本機を導入後は、お客様にて問題なくニオイの監視を継続しております。
子機センサーは、お客様の目に留まりやすい敷地境界に、わかりやすくそびえ立っております。

 

 

まずは管理部とのデータ通信状況や運用を確認し、問題なければ、今後子機の増設も考えられます。

 

万一悪臭苦情が再発し、脱臭対策や脱臭装置を検討されることになったら、連続計測したニオイセンサーのデータをもとにして、弊社で最も低コストで苦情を解決する方法・脱臭装置をご提案することも可能です。

 

まとめ

最近では悪臭苦情対策に連動して、ニオイ排出状況をニオイセンサーで把握・管理しようという事業所が非常に増えています。

ニオイの排出を監視できることに加え、苦情が再発した・多発した場合の参考データとしても非常に役にたちます。

 

今回ご相談いただいた食品加工工場でも、自社内のにおい対策と並行して、におい観測システムLIMOS(リモス)により事業所の敷地を超越する臭いの継続的な把握・監視を行っています。
敷地境界にセンサー装置を設置することにより、地域住民の方や行政に対して、対策への前向きな企業姿勢をお見せすることにもつながっています。

 

環境管理の一つとして、臭気対策の保険・バックアップとして、自社工場の臭気の排出状況を継続測定したい、監視したい、そんな場合には、ぜひお気軽にカルモアまでご相談ください。

導入事例

PAGETOP