MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ・ウイルス対策。日本全国、海外も対応のカルモア

導入事例

SOLUTIONS

ビル内で不定期に発生する汚水臭の原因調査

  • 臭気成分

    汚水臭

  • 発生場所

    テナントビル 地下1F・地下2F

テナントビルの地下フロアにて、不定期に汚水のニオイが発生しており、原因を調査してほしいとのご依頼。

 

配水管からのニオイの侵入を調べる侵入経路調査を実施し、発生源を特定しました。

課題

ビルのテナントフロアにて、不定期に汚水のニオイが発生する。

そのままでは営業に支障をきたすため対策を講じたいものの、ニオイの発生原因や発生箇所が不明なため適切な対策法が分からない。汚水槽や汚水配管の不調が疑われるが、汚水槽はニオイがしている箇所とは正反対にあり、そこからの配管も伸びていない様子。

 

念の為に配管清掃や漏水検査も行ったが、特に異常はみられず状況も改善されなかった。

事例ポイント

  • 汚水臭の対策
  • 不定期に発生
  • 発生源が分からない
  • 汚水槽と離れた場所でニオイがする

発生源の調査を実施

調査概要

配管内の臭気がどのような経路で室内に侵入しているかを調べる、「侵入経路調査」を行いました。

この調査は、特殊な気体(トレースガス)とトレースガスを感知するセンサーを用いて行います。

基本的な流れは以下の通りです。今回も、この流れに沿って調査を進めました。

 

<侵入経路調査の流れ>

①現場状況と配管図面を確認

②定点センサーを設置

③配管内にトレースガスを噴霧

④センサーの反応を確認

⑤携帯型センサーで発生源を探索

⑥センサーでの結果と図面を照合

⑦調査結果と対策方法をご提案

現場状況と図面の確認

まずは現場にて実際にニオイを嗅いで確認。不定期での発生と聞いていため、ニオイを嗅げない可能性も視野に入れていましたが、この日はちょうどニオイが発生しており、汚水のニオイで間違いないことが確認できました。

 

図面によると汚水臭の原因となる汚水槽はニオイがしている箇所とは正反対にあり、配管も伸びてきてはいません。しかしどこかに発生源となる場所があるはず、とさらに図面を確認していると、地下2階の1室にあるトイレの配管が雑排水層に繋がってることが判明。雑排水層はニオイが発生している部屋の真下にあるため、まずはこの配管系統にターゲットを絞って調査を進めることにしました。

 

調査内容/結果

ニオイがする室内に定点センサーを設置し、調査対象の配管内にトレースガスを噴霧したら調査開始。すぐに室内に汚水とトレースガスが混じったニオイが広がり、この配管系統にニオイの発生源があることが判明しました。

 

さらに発生源を細かく特定するために携帯型センサーで各所をあたっていると、空調機の付近でセンサーが反応。空調機周りの隙間や配管などを詳細に調べてみると、空調機の内部で発生した結露水を排水するドレン排水管を通じ、本管の臭気が逆流していることがわかりました。

 

配管内は水の流れによって正圧・負圧が変化しており、配管内が正圧になると臭気の逆流が発生します。通常はトラップなどの機能により臭気の逆流は防がれるのですが、今回は何らかの理由でそれが機能せず、臭気の逆流が起こってしまったと考えられます。

 

地下1階でも同様に空調機を調べてみたところ、同じ反応が見られたため、地下1階、地下2階ともに空調機からニオイが逆流していることがわかりました。その後、空調機周り以外でも携帯型センサーによる調査を行いましたが、特に反応は確認されませんでした。よって今回のニオイの発生源は各階の空調機のドレン管であり、ここを修繕することでニオイが改善されると結論付けました。

 

調査結果は当日に口頭で概要をご説明し、詳細は後日に報告書の形でご提出。

今回の調査を経て発生源が明確になったことで、問題解決の目途が立ったと喜んでいただけました。


 

日本全国対応、海外もご相談に応じます。

原因不明の汚水臭にお悩みの際は、どんなご質問でもお気軽にご相談ください。

 

 

導入製品・サービスについて

臭気調査 (15万円~)

作業の概要など、詳細はこちら

導入事例

PAGETOP