MENUCLOSE

消臭剤・脱臭装置・臭気調査・ニオイセンサー・除菌・防カビ...日本全国、海外も対応のカルモア

導入事例

SOLUTIONS

汚泥処理施設の臭気対策/消臭剤スプレー装置

  • 臭気成分

    アンモニア、トリメチルアミン、硫黄化合物、アルデヒド、脂肪酸

  • 発生場所

    汚泥受入室

消臭剤噴霧システムによる室内噴霧により、作業場内臭気が大きく低減。
新設物件において、脱臭対策立案と作業環境の改善をご支援しました。

課題

新設の汚泥処理施設において、稼働前の段階での臭気対策相談です。
汚泥受入においてダンプから受入れ槽へ汚泥を流す際、瞬時に強烈な臭気が室内充満します。
局所排気・強制換気設備の増設は難しいという条件でした。

事例ポイント

  • 汚泥受入室の室内臭気
  • 臭質:強い腐敗臭
  • 場内作業者や見学者の方への臭気影響を低減したい。
    施設の特性上、見学者の方が多く来場される。
  • 局所排気や強制換気設備の増設が難しい。

対策

設計・ご提案

新設され稼働前の段階であったため、過去の汚泥処理施設の事例を基に設計を詰めていきました。

既に事業場建屋の工事は完了しており、今から局所排気設備や強制換気設備を増設することは困難とのこと。

そこで建屋内部の空間を利用し、空間内で臭気を低減させる対策方法として、消臭剤の噴霧装置をご提案しました。

噴霧ノズルを建屋内部に一定間隔で配置し、一定時間噴霧する様にタイマー制御を追加、建屋空間に噴霧ミストがまんべんなく行き渡る様に設計を行いました。

室内かつ有人空間であったため、噴霧ノズルには微細孔のタイプを用い、使用する消臭剤には、腐敗臭に特化して開発された消臭剤マイクロゲル(S-B1)を選定しました。

消臭剤マイクロゲル(S-B1)は腐敗臭に特化しているだけでなく、人体に安全無害で無臭なため、今回のような有人(作業者が存在する)環境での使用は最適です。

効果測定

噴霧前の臭気濃度3,200が噴霧後10分間で1,000(脱臭効率69%)、40分後で100(脱臭効率97%)となり、臭気を大きく低減する結果となりました。
微細なミストを形成する噴霧ノズルで噴霧を行っている為、噴霧時の室内は濃霧の様な状態となりますが、一定時間後噴霧が終了すると臭気の低減と共に視界が開けます。
ドライミストな為、噴霧中設備や床が濡れる事もありません。

導入後

当噴霧システムを導入後、別室での増設についてもご依頼を頂きまして、同様の噴霧システムを追加導入致しました。
現場作業者の方からも場内の臭気が大きく改善したとのご報告を頂きました。

>>装置寸法・重量・用役

W1300×D1100×H1500(mm)

運転重量:約400kg

上水、圧縮エア、電気(200V)

>>施設概要

室内容積     :約500m3(受入室)、約1,800m3(ノズル増設時)
装置名      :消臭剤噴霧装置
マイクロゲル型番 : S-B1

>>受入室内脱臭効率

脱臭効率:97% 
噴霧前    3,200
噴霧後       100(噴霧40分後)

導入製品

消臭剤噴霧システム・微細噴霧ノズル・消臭剤マイクロゲル

 

工場関連の臭気対策で最も導入実例の多い対策方法です。
対象臭気に対して消臭剤を噴霧・気液接触させ低減します。
他の脱臭装置と比較すると導入、ランニングコストが安価、且つ扱いが容易なのが
特徴です。
消臭剤の種類が多岐に渡り、多様な臭気に対応が可能な為、幅広い分野で納入実例があります。

担当チーム連絡先

03-5540-5851[ 第三営業部] 受付時間 平日9:00 – 17:30

導入事例

PAGETOP